相模原市の人口推移

相模原市は緑区、中央区、南区の三つの区から成り立っています。

平成22年国勢調査の確定数を基礎として推計した、平成25年9月1日現在の人口は、緑区176,530人(男性89,099人、女性87,431人)。

中央区267,422人(男性135,361人、女性132,061人)。南区276,376人(男性136,987人、女性139,389人)となっています。

総人口は720,328人(男性361,447人、女性358,881人)です。

世帯数別に見ると、緑区72,821世帯、中央区115,118世帯、南区123,960で、総世帯数は311,899世帯です。

神奈川県では横浜市、川崎市に続いて第3位となります。

相模原市が発表した将来人口推計によると、2017年にピークを迎え総人口は732,000人になりますが、その後は下降し2060年には543,000人に減ると予想されます。

リニア中央新幹線駅の設置による人口流入がありつつも、都心回帰傾向が考えられることにより、このような予測となりました。